藤の花・・正法寺                H20.5.9 滋賀・日野町

藤の花は本堂脇にあり樹齢300年を数え5本の幹からなり房の長さが1m以上にもなります。
古くから後光藤という名で親しまれており、この古木は寺を開いた普存禅師が江戸時代に
京の都からこの境内へ苗木を移したと伝えられています。


画像を読み込むまで少しお待ちください。  ☆スライドショー ストーリーショーのどちらかをクリックしてご覧ください。
また、
一枚の画像をクリックしたら拡大して表示されます・・その次の画像は右クリックで順次表示されます。

  




見事な 藤の花