吉野の桜 2010年
                                                     H22. 4. 8 撮影
3万本のシロヤマザクラ
「これはこれはとばかり花の吉野山」 と貞室が詠んだように、吉野山の桜は、尾根から谷を埋め、爛漫と咲き誇るその見事さで知られている。
 吉野山が桜の名所となったのは、今から1300年前、役行者が金峯山寺を開くとき、感得した蔵王権現を桜の木に刻んだことから、
ご神木として保護されてきた。 現在200種約3万本、多くがシロヤマザクラ。 若葉と同じくして開花する。

                                                      (吉野町HPより抜粋)
☆スライドショー ストーリーショーのどちらかをクリックしてご覧ください。  BGMも始まります。  
画像のサムネイルを左クリックで画像が拡大し、順次画像が見れます。  また、右クリックするとストーリーショーが開始します。