又兵衛桜 本郷の瀧桜 2009      H21. 4. 6 撮影

宇陀市の西部に位置する本郷区にある樹齢300年とも言われる通称「本郷の瀧桜」と呼ばれる枝垂れ桜である。
戦国武将「後藤又兵衛」の伝説と後藤家の屋敷跡にあることから「又兵衛桜」とも呼ばれる。
高さ13m、幹周り3mを超える桜の巨木が大きな枝を広げ薄桃色の花をいっぱいに咲かせる。
夜間のライトアップもされ、例年数万人の花見客で賑わう。

☆ 画像を読み込むまで少しお待ちください。
☆スライドショー ストーリーショーのどちらかをクリックしてご覧ください。
また、一枚の画像をクリックしたら拡大して表示されます。その次の画像は右クリックで順次表示されます。


        ☆2008年の又兵衛桜→